ニュースから

時短勤務する人に賃金の10%を給付する案が出たね

時短勤務する社員に対し給料の1割の給付を上乗せ 2才以下の子どもを育てる人が限定

給付はありがたいのですが、
早く帰る+10%賃金UPとなると

ますます周囲の目が、
気になってしまう気がします。




政府と現場(企業や当事者)の声が、
こうも食い違うと

誰が得しているんだろうと
感じてしまいます。




今日のブログは、
時短勤務する人に賃金の10%を給付する案が出たね
について。





こんにちは。
祖父江 仁美です。

ファイナンシャルプランナー じんFP事務所 祖父江仁美
自己紹介は、コチラ

ライフステージが変わっても、
自分らしい働き方・生き方を
自分の力で実現する女性を増やすこと

をミッションに活動しています。




2023年12月11日(月)1y_Vol.47

給付はありがたいのですが、
早く帰る+10%賃金UPとなると

ますます周囲の目が、
気になってしまう気がします。



異次元の子育てというなら、
もっとさ、
現場の声を反映してほしい。。




子育て世帯に
社会保険を負担できるよう、
法案が出てるんだろうけど、




働く人は、
子育て中の社員だけじゃなく、

協力する他の社員の方がさ、
圧倒的に多いじゃないですか。




子育て中の社員がさ、
子どもが熱を出してお休みした時、

誰が、
仕事のカバーするのかって
他の社員なんですよ。




そんな社員が、
子育て中の社員にやさしくできる
社会をつくるなら、




もっと
他の社員に目を向けて、
企業に助成金を出すなり、
手当を支給してほしい。




あと、
給付も賃金の10%だと
あまり実感が沸かないんじゃないかなぁ?




期待せず、
続報を待ちましょう。




政府と現場(企業や当事者)の声が、
こうも食い違うと

誰が得しているんだろうと
感じてしまいます。




世の中には、
法律でしか救えない人もいます。




でも、
法律に左右される人生は苦しいです。

子育てという
尊いライフイベントと
仕事とのバランスは、人それぞれ。




自分らしい働き方・生き方を
法律に左右されず、
自分の力で実現していかないと!




だから私は、
仕事を通して、魚を与えるのではなく、

魚を釣る方法を
必要な人(企業)に届けていきます。




▼今日のビッグニュース!
時給に換算すると113万円だそう 10年1,015億円それにしても、
1,015憶円かぁ・・・(;・∀・)




時給に換算すると
およそ116万円だそう。。




パート社員の1年分を
1時間で稼いでしまう計算です。




時短社員の賃金10%UP・・。

少ねぇ!怒




本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございます。