家計_子どもの教育費

「寄付する」と自分の幸福度があがる

寄付すると自分の幸福度があがる 寄付とは自分のできることで応援すること 間接的に自分に幸福度という形で返ってくる

私の「寄付する」の定義は、
YOSHIKIさんやヒカキンさんのように、

高額なお金を
寄付するのではなく、




微力ながら、
自分にできることで、
応援すること。





今、自分にできることは、
大きく3つかな?と考えています。





本日のブログは、
寄付すると自分の幸福度があがる
について。





こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの
祖父江 仁美です。

ファイナンシャルプランナー じんFP事務所 祖父江仁美
自己紹介は、コチラ

ライフステージが変わっても、
自分らしい生き方・働き方を
自分の力で実現する女性を増やすこと

をミッションに活動しています。




2024年2月1日(木)1y_vol.99

2024年は、
私自身のお金の使い方
考えると宣言し、

思い出にぱぁ~っとお金を使う方が楽しいね お金は、思い出に使う。 これ、大江先生が話していた言葉です。 投資してお金を増やすより、思い出にお金をぱぁ~っと使う方が、...



2月~7月までの6か月間、
毎月7万円貯金生活をはじめました。

※資産運用以外で!





このお話は、
また後日書くとして…(笑)





実践しているのは、


先々の自分への備えと
誰かのために使うことのバランス。





具体的には、

  • 寄付する
  • 浪費にならない自己投資

などです。





特に「寄付する」に関しては、
積極的に行いたいと思っています。





私の「寄付する」の定義は、
YOSHIKIさんやヒカキンさんのように、

高額なお金を
寄付するのではなく、




微力ながら、
自分にできることで、
応援すること。





今、自分にできることは、
大きく3つかな?と考えています。





1つ目は、


誰かのために働くことです。





働くことで経済を回し、
貢献した分(税金)が、

誰かのために、
使われると思うんですね。





だから
いつまでも気持ちを沈めず、
前を向いて仕事をしていきます。





2つ目は、


子育てをしながら、
楽しく暮らすこと
です。





子育てを通して、
お金を消費・浪費・投資することで、

そのサービスを提供した先に、
お金が渡れば、





そのお金が、
ぐるぐる回って

誰かのために
使われると思うからです。





実際にいくら使ったかは、
記憶に残らないけど、

使って得られた思い出は、
記憶に残ります。





3つ目は、


少額でも寄付することです。


キャッシュレスが普及し、
百円でも寄付できる時代です。





そして
一人で寄付するだけでなく、

みんなで協力して
支援(寄付)ができる時代です。





昨日、鳥海さんが、

能登半島地震の被災者へ向けて、
クラウドファンディングを開始しました。





動画内に貼られている
クラファンサイトも載せておきます。

能登半島地震の被害者を救いたい





私も微力ながら、
参加させていただきました。

Youtube攻略セミナー(笑)
楽しみです。





もし器の大きい方がいたら、

最高の応援、
100万円コース

もあります(笑)





リターンは、
鳥海翔からの直筆手紙と
経過報告です。

※支援する人出てくるかな?(笑)





この動画で発生した収益も、

全額寄付

になります。





お金に余裕がない方でも、
クリックして応援ください。

少しコマーシャルでした(笑)





寄付する具体的な方法3つ

  • 誰かのために働くこと
  • 子育てしながら暮らすこと
  • 少額でも寄付すること





この3つを
今後も続けていきたいのですが、

寄付することで、
自分の幸福度は満たされますね。





見返りを求めずに、
誰かのためにお金を使うと

自分の幸福度が得られると、
わかりました。





先々の自分への備えと
誰かのために使うことのバランス。

これからも考えていきます。





本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございます。








▼じんFP事務所HP
じんFP事務所 ホームページ
退職金・企業年金の導入サポート、
社員研修は、コチラからご覧ください。





▼その他、お問い合わせ

ファイナンシャルプランナー じんFP事務所 祖父江仁美
お問い合わせはこちら じんblogをご覧いただきまして、ありがとうございます。 ご相談・執筆・取材などのお問い合わせは、 下記フォームよりお気軽...