社会保障

退職金制度を準備する中小企業はすごい!

退職金制度を準備する中小企業はすごい

中退共と企業型DCの違いについて、WEBサイトの方へ投稿しました。

中小企業退職金共済と企業型確定拠出年金の違い

大企業と違い、中小企業は賃金上昇が見込めないケースが多いので、こういった退職金制度を準備しているだけでも差別化が図れます。

同じ業種で、給料体系がほぼ一緒なら、退職金制度が用意されている企業に就職したくないですか。

今日は、退職金制度を準備している中小企業はすごいという話です。

確定拠出年金(iDeCo)と企業型DCが大好きなファイナンシャルプランナーの祖父江仁美です。

このブログは、将来の不安を抱えながら働いている女性に向けて、社会の仕組みと金融について専門用語を使わずに、小学生でもわかる言葉で解説しています。


2022年8月26日(金)号

風通しのよい働きやすい企業って、退職金制度を設けていることが多い

退職金制度を準備しようと思うと、コストがかかってきます。

大企業と違い、資金も少ない中小企業が、退職金制度を準備するって凄いことです。退職金に関しては、いつ辞めるかわからない社員のために、売り上げの中から積み立てているんですよね。

社内の風通しのよい働きやすい企業って、退職金制度(福利厚生)を設けていることが多いです。就職や転職の際、公募要項や面接などで一度確認してみてください。

福利厚生のある企業に就職したら、社内規約をしっかり読んで使い倒しましょう!

本日のまとめ

年々、企業型DCの導入は進んでいるけど、99名以下の中小企業では、0.1%以下。

働きやすい職場を増やし、明るい未来を創造できる人を増やすために、企業型DCの導入と投資教育を引き続きがんばります。

福利厚生を準備する中小企業はすごい!という話でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

iDeCo、企業型確定拠出年金の相談は、じんFP事務所へ

じんFP事務所 ホームページ
お気軽にお問合せください。

iDeCoの資料請求は、コチラから

イデコバナー
資料請求は、コチラからどうぞ。
Youtubeで詳しく解説しています!